2016年5月1日日曜日

VMware Workstation Player の仮想マシンにインストールした Ubuntu 16.04 を起動するとサウンドデバイスが切断される問題

ホストが Windows 10 Pro (64bit) な VMware Workstation Player 12.1.1 build-3770994 の仮想マシンにインストールした Ubuntu 16.04 を起動すると、 GUI のログイン画面が表示されるあたりで、 A device ID has been used that is out of range for your system. としてサウンドデバイスが切断されてしまう (当然、音が鳴らない) というトラブルに遭遇。

ホスト側のドライバ絡みのトラブルらしいとあたりをつけ、ダメモトで以下の作業を行ったところ、無事トラブルが解消したので、念のため、メモっておく。

  1. Dell の公式サイト経由で OptiPlex 780 の Windows 7 (64bit) 向けのオーディオデバイスドライバ 「Analog Devices ADI 198x Integrated HD Audio, v.6.10.2.7280, A11」 を入手。

  2. ダウンロードしたファイル DRVR_WIN_R297758.exe を実行しても、非対応の環境であるとしてインストールさせてもらえない。 幸い、当該ファイルは自己展開形式のようだったため、 7-zip を使用して、任意の場所 (ここでは C:\Users\fudan10u\tmp\DRVR_WIN_R297758 以下) に展開。

  3. 展開したディレクトリの C:\Users\fudan10u\tmp\DRVR_WIN_R297758\payload 以下にある setup.exe を実行すると、インストールすることができた。

  4. インストール後は、コントロールパネルのデバイスマネージャー上の「オーディオの入力および出力」や「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」が、 Microsoft のドライバ「High Definition Audio デバイス」から

    Analog Devices のドライバ「SoundMAX Integrated Digital High Definition Audio」に変わった。

なお、今回インストールしたドライバは Windows 10 に対応していないものをイレギュラーな方法でインストールしているため、インストールする場合はくれぐれも自己責任で。

0 件のコメント:

コメントを投稿