2016年9月27日火曜日

Windows Update 後に POPFile が起動しなくなったときの解決方法

今朝の Windows Update 以降、 POPFile が起動しなくなっていることに気付いた。

手動で Run POPFile のショートカットを実行しても即終了してしまう状況で、しばらく悩んでいたのだが、ふと思い立って、 POPFile のインストールディレクトリ C:\Program Files (x86)\POPFile 以下にある adduser.exe を実行し、ユーザー設定をやり直したところ、無事、起動するようになった。

調べてみたところ、どうやら既知の現象だったようで、いくつかのサイトで複数の解決方法が紹介されていた。

わたしのケースでは、魔法使いの森 / SOHO 日記Windows10 へのアップグレードで POPfile が動かなくなったら (2015-08-14) のケースと同様の状況に陥っていたと思われる。

実は、Windows 10 のアップグレードインストール時に、何らかの都合で設定が壊れてしまうようです。
でも、大事な学習データなどは残っているので、データを残したままユーザー設定だけやり直せば動くようになる。

adduser.exe を起動すると、すぐに以前のファイルを見つけ出して「アップグレードするか」と聞いてきます。
アップグレードなら、学習したデータなどはそのまま使われます。
後は待つだけ。

これだけで設定は終了。
Run POPfile を起動すれば、問題なく常駐する様になります。

今後の Windows Update でも、また同様の現象が発生するかもしれないので、念のため、メモっておく。

0 件のコメント:

コメントを投稿