2017年1月3日火曜日

新規追加したアカウントで“User Profile Service サービスによるサインインの処理に失敗しました。ユーザープロファイルを読み込めません。”のエラーが発生

年末年始の休みを利用して、環境の再構築を行なっていた Windows 10 なノートパソコン。

管理者アカウントが必要な作業があらかた終わったことから、新規追加した常用アカウントに切り替えて作業を続けようとしたところ、

User Profile Service サービスによるサインインの処理に失敗しました。
ユーザー プロファイルを読み込めません。

のエラーが発生し、サインインすることができないというトラブルに遭遇した。

原因と思われるのは、デフォルトユーザのプロファイル破損。 デフォルトユーザのプロファイルが破損していたことで、新規アカウントが正常に追加されず、当該アカウントでサインインできない状態となっていたと思われる。

行った対策は、正常にアカウントを追加することができている別の Windows 10 マシンから C:\Users\Default 以下を上書きコピーすること。 コピー後、念のため行ったシステムの再起動以降は、正常にアカウントを追加することができるようになり、件のエラーも発生しなくなった。

なお、既に件のエラーが発生していたアカウントについては、引き続きエラーが発生した。 わたしの場合は、当該アカウントについて、まだ一度もサインインできておらず、保存しておくべきファイル等がなかったことから、そのまま削除した。

解決までの経緯

まず、

の記述を参考に、管理者として実行したコマンドプロンプトから

C:\>dism /online /cleanup-image /restorehealth
C:\>sfc /scannow

を実行し、いったん、システムを再起動。 なお、いずれのコマンドとも、特にエラーメッセージの類は表示されず、正常に終了した。

その後、新規ユーザを作成し、サインインしようとしたが、やはり、同様のエラーでサインインすることができなかった。

さらに調べてみると、

の記事を発見。

これらのページによると、

  • デフォルトユーザのプロファイルが破損しているおそれがあるらしい。
  • アカウントを正常に追加することができる Windows 10 マシンから C:\Users\Default 以下をコピーすることで、アカウントが正常に追加されない問題が改善される可能性があるらしい。

というわけで、さっそく別のマシンから C:\Users\Default 以下をコピーしたところ、無事、アカウントを追加することができるようになった。

…が、この問題が発生した原因が不明で気持ち悪いこと、また、環境再構築から間もない今なら被害も少ないことから、常用開始を中止し、回復メニューからシステムを初期化し、環境を再々構築することにした(^^;

0 件のコメント:

コメントを投稿